【トップページに戻る!】

2014年10月17日

天下を制す岐阜城夜景

去る10月11日、今年度最後の金華山パノラマ夜景に行って参りました!

美濃地方のお城の中に、「岐阜城」という金華山という山の上に建てられた山城があります。
ハイキングがてら登山しても良し、ロープウェーですいすい登っても良し(ロープウェーから降りた後も結構アップダウン階段がありますが)普段は昼間の営業の岐阜城、夏と秋の始めの期間には「パノラマ夜景」という期間限定ナイト営業を行っております。
今年は10月13日がラスト、台風も迫っていたので私も滑り込みで登って参りました。


1017-01.jpg
夜のロープウェーに夜の天守閣、いつもと風情が違います。

台風が迫るからか少し湿った風な強い風が吹き抜ける中、眼下に広がる山城からの夜景。
1017-02.jpg
うう…素晴らしい…

フツーのカメラで撮影したのでスケール感はミニマムなのですが、同じく夜景を見にやってきたたくさんの家族連れやカップルも暫し岐阜の夜を眺めつつ…。
1017-03.jpg
手前の黒い部分は金華山、中央の蛇行した黒い部分は長良川です。いくつも橋がかかっていますが、横断する車のライトが橋をデコってる雰囲気で何となくカワイイ。


さて、我々美濃の民が幼い頃から呪文のように(?)刷り込まれる歴史ワードがありまして、それは「この美濃地方を手に入れて治めた者が、天下統一を成し遂げる者になるだろう」という意味の言葉があります。


美濃を制する者は天下を制す。
…とドヤ顔でキメたい岐阜人(`・ω・´)キリッ


まあ実際は「○○を制する者は天下を制す」の文句は色々な地域で使われていて美濃の専売特許ではないようですが(身もフタもない)そうは言ってもこの岐阜城天守閣から眺める岐阜市の風景は格別。
そびえる伊吹の山々、肥沃な濃尾平野、横たわる清流長良川、そして岐阜市の中心部となる市街地…それが一つの視界に全て収まっているのですから、
「あ、やっぱり天下取りたいな」
と在りし日の斎藤道三だって織田信長だって、現代人の私ですらうっかり思ってしまう素晴らしい光景なんです。

1017-04.jpg


私は岐阜に生まれて今も岐阜に住んでおります。
朝ではかつての学生時代のバス通学で、金華山と長良川、そして岐阜城を贅沢に一望できるのが大好きでした。
夜には自宅から遠目にでも見える金華山、そしてぼんやりと照らし出される岐阜城を、
「今日も岐阜城浮いとる〜」
などと山城ライトアップならではの表現で眺めたりしております。
私の日々のライフスタイルの後ろにいつでもどどんと構えている金華山と岐阜城、今回は夜景をご紹介させてもらいましたが、昼間の美濃の眺めも本当に必見です。
また後日改めて、思い入れたっぷりの岐阜城を岐阜公園も含めてレビューさせて頂けたらと思っております。


岐阜城の夜景のお話を読んで頂き、本当にありがとうございました!



posted by スミ at 23:50 | Comment(0) | コラム