【トップページに戻る!】

2015年01月15日

勇気を出して初めての三木市史跡(2)

勇気を出して初めての三木市史跡(1)」に続きまして、兵庫の旅の最終日に行って参りました「三木市の史跡」の後編です。

そもそも三木市に来た大きな理由の一つでもあるのが「竹中半兵衛の墓」に参ること。
彼の故郷である岐阜県垂井のお墓には何回かお参りさせて頂いたのですが、死去した地である兵庫にもお墓があるという事で、ぜひ行ってみたいというのが長年の願いでもありました。

竹中半兵衛墓

予想以上にVIP待遇だった。


地元岐阜ではわりとしっとり(?)お墓の半兵衛ですが、まさかのこの三木でのもてなしっぷりにびっくりしました…。ブドウ畑の中にあるという事で見つけにくいかな、と思ったら全然そんな事もなく、むしろ「ココですよ」と全面アピール。
江戸時代の儒学者・山田翠雨さん作の「半兵衛に捧げるポエム」まで頂けて、しかもたくさんの方にも参って頂いているようで、故郷の奥さんやお子さん(重門くん)にもお伝えしたい!実に感慨深い!

山田翠雨

三木合戦の中盤、かねてから結核を患っていた秀吉の軍師・竹中半兵衛は、一度は療養のため京都にいたものの、「どうせなら現場で死にたい」とプロフェッショナル軍師の生き様を見せながら天正7年(1579年)6月、36歳の若さで陣没します。
侵攻戦の地で、しかも敵であるはずの竹中半兵衛のお墓がこのように大切にされているのは嬉しくもあり、不思議な気持ちにもなります。
これが歴史ロマンなのかもしれませんね(。´Д⊂)うぅ…。


竹中半兵衛墓

もう一つあると言われる半兵衛の墓。
栄運寺」というお寺の中にある小高い山にあるのですが、こちらは知る人ぞ知る感じのたたずまいです。
詳細は不明なのがまたミステリーを感じます…。



戦の中で命散る者もあれば、戦のけじめをつけるために命を散らす者もいる。
開城条件として切腹を選んだ三木城主・別所長治の史跡も、もちろん各地に点在しております。

別所長治首塚

別所長治夫妻の首塚。
切腹の際、後事を託された「雲龍寺」の住職によって埋葬されたと伝えられています。
お寺の正面にはたっぷりと駐車場が用意されていて、車移動にはとっても便利。こちらだけでなく、他の史跡も比較的車が停めやすくてありがたいです。

別所長治墓

別所家の菩提寺である「法界寺」のお墓。
別所長治や家族、家臣までもが手厚く葬られていて本当に真摯さを感じます。
現在もこうやってお寺さんや地元の方が管理されていらっしゃる様は、歴史巡りをしていて常々リスペクトさせられる場面の一つなんですよね。



様々な戦局が駆け廻り、堅城三木が秀吉軍と睨み合って二年。
一時は勝算ありに見えた情勢も、元々は多勢に無勢である別所軍。小さな拠点は次々と秀吉軍に攻略されていき、決死の奇襲も友軍の損害を広げる結果となりました。
元々別所側も一枚岩ではなく、若き長治を支えていた一族の重鎮であり叔父、毛利側に組して支城を守備する吉親(よしちか)は徹底抗戦を、織田側に組して出奔した重棟(しげむね)は降服勧告を叫びます。
頼みとしていた毛利軍からの糧道はことごとく断たれ、拠点の壊滅した三木城は秀吉軍にぐるりと囲まれ、兵や民がひしめき合って飢えの限界を迎えていた三木城の籠城戦。
我ら一族の命をもって城の者らを助けたまえと天正8年(1580年)1月、ついに長治は降服を決断します。


-----------------【突発三木城マンガ(2)】-----------------

三木落城

※クリックすると原寸サイズで開きます。
(ちょっと大きいです)
--------------------------------------------------------------------




別所長治辞世の句

「今はただ うらみもあらじ諸人の いのちにかはる我身とおもへば」
長治の辞世の句の歌碑は、三木城址と先ほどの法界寺に建っています。
妻の照子や弟の友之、共に自刃した一族郎党らの辞世の句も石碑に掲げられており、彼らの想いを歴史が語ってくれるリアルな情感がこみ上げます。
ここまで臨場感が伝わってくる辞世の句もなかなかありません!すごいドラマを持っている言葉だと思います。


別所長治像

そしてイケメン2人目。(in法界寺)

三木城址に続いて2人3人とぐぐっと長治サマを推してくる三木民の心意気。

ラノベ別所長治

おおっと!さらにイケメンが駅前にも!

ラノベ風味のイケメン長治サマ。
敵側なのに半兵衛&官兵衛もイケメンにしてもらって、さらに秀吉も何だか爽やかになってて…これは役得!(?)


三木合戦を始めとした中国攻めというのは、華やかな武者たちが鮮やかに戦場を駆け抜ける爽快感はなく、陰謀や裏切り、二転三転して入り乱れる敵味方の勢力図、当代を彩った武将たちが無念をもって散っていく何ともやりきれない戦国の無常さが群像劇のように繰り広げられる数年間です。
それゆえに凝縮された人間ドラマのようなものが史跡にも込められており、何より三木市の地元の方々が「三木の歴史として伝えていこう」という丁寧な管理をなさっている事に、非常に感銘を受けました。
中国攻めの概要を理解しきるのはとても大変で若輩者の私はまだまだ勉強不足は否めませんが、長年行ってみたいと思っていた三木市の史跡にまずは行けただけでも大変光栄です。

三木市観光

「三木市観光協会(中央公民館と同じ敷地内)」で観光パンフレットやカタログを頂けます。おみやげグッズはもちろん、ミニ冊子からガッツリ書籍まで、地元に根差した発行物も揃えてありましたので三木攻めの歴史本(はじめてでもやさしい方)を買わせて頂きました。
こういう「おらが村の昔話」的なコンテンツって大好きです〜ヽ(*´∀`)ノ



日も落ちてすっかり帰宅ラッシュ、安全運転を心がけてヒイヒイ言いながら(…)山道&坂道を越えて三宮まで戻りました。
次回はぜひ、別所長治公の追悼法要、伝承の半兵衛の陣跡、神戸ショッピング、甘味巡り、温泉、USJ(兵庫じゃない)などさらにたくさん遊ぶために再び兵庫に来れたらいいなと思える良い旅になりました。


二回に渡っての三木市史跡のコラムを最後までお読み頂き、ありがとうございました!