【トップページに戻る!】

2014年09月29日

勇気を出して初めての武将フェスinセントレア(2)

こちらの記事から続きまして、去る9月15日に中部国際空港セントレアで行われておりました「第参会全国武将隊 天下一決定戦〜宴〜」のフリー観覧ステージに遊びに行って参りました。
とにかく武将隊に演武にと初めてづくし、右も左も分からない中でも全11ステージたっぷり楽しませて頂けた思い出に、引き続きレビューさせて頂きたいと思います!



安芸ひろしま武将隊さんに続いて二番目、同じく歌中心の演武は「神戸・清盛隊」の皆さん。
キャッチーな楽曲の覚えの良さは抜群、平家の皆さん本当に歌が上手い!
身のこなしも爽やかで、パートごとの快活なポジション移動や時折交わすアイコンタクトは、完全に「平安のアイドル」そのもので感服。歌メインの構成はとても好みなので、お披露目下さった数曲だけでもとても楽しかったです。
公家風モチーフの涼やかで華やかな衣装もダンスで映えますし、計算された風を感じさせない自然体なチーム感(一蓮托生感?)も逆に安定感と貫禄すら感じさせますね。
この華やかな楽しさは、応援するファンの方がたくさんいたのも納得です。(周りの多くの方々がピンクの清盛隊Tシャツを着てみえたので!)
まだまだ他にも演目をお持ちの事、ぜひ他のナンバーも拝見してみたいなと思わせてくれる武将隊さんでした。

0928-01.jpg



個人的に安芸ひろしま武将隊さんに次いで熱かったのは「土佐おもてなし勤王党」の皆さん。
何というか、ライブかミュージカル形式の演武にはホイホイ釣られるわけなのですが(…)土佐おもてなし勤王党さんの溢れんばかりのミュージカルっぷり、立ち居振る舞いやテンポの良さ(人物紹介は特に秀逸!)、明るい彩色で構成された衣装デザインまで本当に気持ちの良い音楽劇の持つポップな歌&ダンス。紹介楽曲もたくさんあって、他のナンバーもぜひ聴いてみたいし見てみたいと思わせてくれるほど。
幕末とミュージカルって、本当に相性がいいですね。
普通に演劇としてホールでお披露目しても成り立つような地力も感じまして、さらにたくさんのナンバーを拝見したいなと思わせる武将隊さんでした。

0928-02.jpg



武将2人と姫様の3人でお目見えしたのは「熊本城おもてなし武将隊」の皆さん。
野性味溢れる二武将の重厚感、そして凛としたあま姫さんの日に焼けた肌も実にワイルド、屋外で精力的に活動をなさっている様子が想像できます。
切れ味鋭いダンスにヘビーさを感じさせる殺陣、展開も実にクールで、骨太のエンターテイメント性にはEXILE的(?)な男らしい魅力が凝縮されていますね。
生で見ると本当に迫力満点、圧倒される熱気と気迫でした。3人でこれだけの持ち味ですし、他のメンバーさんも揃うと有無を言わさず圧巻なのではないでしょうか。
このハイレベルのダンスや殺陣をあの熊本城でご披露されているというだけで、ぐっとくるものがありますね。様々なバリエーションもぜひ拝見してみたいと思わせられる、熱い演武に惹きつけられた武将隊さんでした。

0928-03.jpg



歌メインの演武にはやっぱり惹かれるので、とても楽しめたのは「あいち戦国姫隊」の皆さん。
あでやかなお着物&袴の出で立ち、そして最初からテンション全開な歌&ダンス!女子で袴でダンスアクション、ぐっとくる組み合わせです…。
歌もとても上手くてナンバーも秀逸、軽快なアップテンポもしっとりバラードもお披露目頂けたのは、一ステージがぎゅっと濃縮された感じで良いですね。楽曲のバリエーションが豊富で、演武の中に色々なパターンを入れ込む事ができるというのはすごく強みだと思います。
戦国女性をピックアップしたメンバー構成が持つ美しさと華やかさは、実に会場の華でした。武将隊というカテゴリの中でも、女性チームがいるというのは確実に色が添えられるし深みが増しますね。個人的にはもっと女性メインの隊が増えたらいいなと思うので、姫様たちにはその安定感でぐいぐいと先駆けていってほしい武将隊さんでした。

0928-04.jpg



フルメンバーで鉄壁の布陣の「グレート家康公「葵」武将隊」の皆さん。
家康+四天王+古参武将という配置が持つ熱さと存在感、だけどどこか懐かしさも感じさせるローカル的なカッコよさというものが前面に出ていますね。
この日は「みんなでおどろう」的なスタンスの堪忍をどりで盛り上げて下さいましたが、家康語録を織り込んだオリジナル踊りソングがとにかく楽しい!
抜群の安定感を感じさせる立ち居振る舞いの中に、どこか「おらが村の若武者さま」的な親近感も感じるのは、良い意味での地元感溢れる楽曲センスと、客席まで広げる柔軟なMCにあるのかもしれません。
かっこいいのに親しみやすいという雰囲気が、ホーム岡崎公園ではどんなスタイルでおもてなしなさっているのか、ふらっと行って覗いてみたくなるような武将隊さんでした。

0928-05.jpg



武将3人と陣笠2人でお披露目下さったのは「名古屋おもてなし武将隊」の皆さん。
名古屋圏に住んでいながら早や5年、ようやく直に見る事ができました!
噂には聞いておりましたが、さすがの貫禄と安定感ですね。この日のメンバーだった信長・利家・清正の3人の「らしさ」は抜群で、前座的な陣笠さんの軽快なトーク、そしてドラマチックな導入から寸劇、ダンスとスリリングな展開への繋ぎに安心感すら覚えます。
合間のセリフにも戦国的カッコよさのセンスが感じられ、センターポジションである信長公の存在感を引き立たせるような濃密な構成でした。
ずっと名古屋城に行けずじまいでしたが、これでご縁が繋がったように思います。ぜひホームの名古屋城でおもてなしの風景も拝見したい武将隊さんでした。

0928-06.jpg



豪華なメンバーで午後の後半一番手を飾ったのは「信州上田おもてなし武将隊」の皆さん。
それにしても、目を見張るのは強力なコンセプトの存在感!
真田家や家臣という枠ではなく、あえて幸村&十勇士で構成してあるのはものすごく楽しいですね。江戸時代から続くような講談モノ・大衆演劇のような「和ファンタジー」感もあり、集団演武の活気と熱気はシンプルにワクワクさせてもらえます。賑やかでかっこいいグルーブ感の詰まった歌&ダンスは、よさこいみたいなお祭りテイストも味わえて素直に拍手を送りたくなりました。
このスタイル、老若男女にストレートに愛されるのではないでしょうか。おじいちゃんおばあちゃんから小さいお子さんまで好きになれる、実に素晴らしい分かりやすさと説得力を持つ演武でした。

0928-07.jpg



仙台からいらっしゃった「伊達武将隊」のは政宗公と家臣・忍者2人の5人で演武。
舞台登場時から度肝を抜かれたのが、その圧倒的な男前っぷり
兜+鎧+陣羽織+具足に至るまでフル装備なのですが、トータル的な立ち居振る舞いのカッコよさは群を抜いていました。ムカデ兜初めてカッコいいと思った…鎧に着られてなくて逆に鎧を完璧に着こなすのが伊達スタイル…恐るべしチーム伊達。
スタンダードな殺陣メインの演武はとても重厚感あり、伊達家の相関関係やドラマも端々に垣間見れて、伊達好きや歴史好きにはたまらない構成ですね。
これだけ存在感のある男前っぷりだと、男子も女子も理屈なしに見惚れるんじゃないでしょうか。この存在感で、他にもあるだろう色々な演目もぜひ見たくなる武将隊さんでした。

0928-08.jpg



のぼう様と甲斐姫というアイドル(?)有する「忍城おもてなし甲冑隊」の皆さん。
ちょっと頼りないお殿様、勝気な姫君、頼れる家臣、ほのぼの陣笠…人物相関を非常に大切にした完璧なメンバー構成にまずはびっくりさせられました。MCとしての軽妙な掛け合いが楽しめるだけでなく、戦国という歴史感と日常的なアットホーム感が同居した唯一無二の魅力がありますね。
キャラクター性を生かした人物紹介と地元紹介は出色!面白いカラーで演出された演武は必見で、行田市と忍城の存在を強く認識させてくれたのはPRとしては抜群の存在感でした。行田市の事は深く胸に刻まれたのであった…。
忍城に行けば彼らに会える、という強い付加価値も感じられたのが素晴らしいです。コンセプトとスタイルにとにかく感心した武将隊さんでした。

0928-09.jpg



トリは、黒田親子率いる「福岡黒田武将隊」の皆さん。
これまでの武将隊さんの熱演でガンガンに温まった会場の雰囲気をゴッソリ持っていく位に強力なトーク、本当にズルイ!ハンパない!面白い!
官兵衛さんのボケ倒しに家臣ツッコミスタイルが冴える銀時さん、しっかり空気を持っていくイケメンの長政さん、そしてさらっと来てさらっと去っていく源さん…字面だけでもツッコミどころ満載なのですが、それでいてきっちり口上や演武もこなしていくのだから、演芸的なエンターテイメントのポテンシャルの高さにも驚かされました。
4人という少人数編成ですが、逆にそれを利用したフットワークの軽さを生かした活動をもっと楽しませてほしいと思わせてくれる武将隊さんでした。

0928-10.jpg




こうやってたくさんの武将隊が集まる事はなかなかないでしょうが、とても楽しいステージでした。
またいつか、それぞれのホームにふらっとお邪魔した時にお見かけして、こうやって初めてのおもてなしレポートを書けたらいいなあ、そう思える武将隊さんたちの熱演でした。

これでようやく武将隊に出会う事がかなったので、堂々と拳を振り上げる事ができます!
エイエイオー!百万一心!おいおいさ〜!(?)



それでは、長々とレビューをお読み頂き本当にありがとうございました!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: