【トップページに戻る!】

2015年02月16日

戦国ワンドロ絵まとめ

twitter界で使用されるハッシュタグ(#戦国…といった感じのカテゴリ分けのタグ)の中の、イラストを1時間で描き上げてお披露目しようというイベント、通称ワンドロ。
戦国時代の歴史創作イラストカテゴリでも行われておりました、
#創作戦国版深夜の真剣お絵かき一時間一本勝負
という参加型企画がこのたびしばらくのお休みになるという事で、これまで参加させて頂いたイラストをブログでもまとめさせて頂きました。
創作歴史イラスト初心者の極みでしたが、デザインを考えたり、新しい武将に挑戦したり、1時間を上手く使えない何だかクオリティにヘコんだりもしましたが(…)とても楽しく参加させて頂きました。
終盤からの短い参加でしたが、大変勉強になりました。ありがとうございました〜!

※サムネイルをクリックすると大きい画像になります。


1115.jpg 1116.jpg
左:2014/11/15初参加
お題「初陣」…武将の数だけ初陣のドラマもあると思いますが、後の父子のドラマ(人取橋の戦い)にも通じるロマンを感じたのが伊達政宗の初陣だったので、初参加ながらに挑戦!1時間というペース配分がさっぱりで、ヒイヒイ言いながら描いたのもいい思い出です…。
右:2014/11/16参加
お題「もっと知ってほしい武将」…謀反人である事だけクローズアップするにはもったいない様々なスキルやエピソードを持つのが明智光秀。特に銃の腕前はかなりのもので、浪人時代に朝倉義景からも絶賛されたと言われています。史料性は高くないらしいですが、それでも明智軍記の中での彼の銃の活躍はとってもカッコよくて本当にオススメです!


1122.jpg 1124.jpg
左:2014/11/22参加
お題「鉄砲」…戦国最強の鉄砲傭兵集団である根来衆と雑賀衆のリーダーである津田監物&雑賀孫一を描きました。一揆や本願寺といった反信長包囲網に加勢して、散々織田軍を苦しめたフリーランサー。傭兵+鉄砲・僧兵+鉄砲というビジュアル的な組み合わせも実に戦国らしくて、この二人はとても楽しく描かせて頂きました!
右:2014/11/24参加
お題「北条早雲・氏康」…関東の覇者である後北条一族の始祖、北条早雲を描かせて頂きました。家紋であるトライフォースじゃなくて三つ鱗は、本当にスタイリッシュでいいですよね〜。このお題のおかげで北条氏を勉強させて頂きましたが、早雲のナゾな生涯と有能っぷりがいい感じでレジェンドしてて非常に魅力的な感じでした。


1206.jpg 1207.jpg
左:2014/12/6参加
お題「隠居」…大名や家長の隠居事情も何と言うか戦国の醍醐味ではありますが、京都の名門である細川藤孝の隠居も大変印象深かったので描かせて頂きました。親友(だと思う)明智光秀が起こした謀反の火の粉がかかる前にさらっと出家&隠居したり、加勢要請をさらっとスルーしたり、なかなかしたたかに立ち回る具合も幽斎のキャラクターが立ってて面白いんですよね〜。
右:2014/12/7参加
お題「中国の雄」…大内氏や尼子氏といったゴツいメンツを揃える中国地方ですが、安土桃山の後半の中国地方の覇者は毛利家という事で、智勇の二大柱である吉川元春と小早川隆景を描かせて頂きました。元就亡き後も鉄壁の結束で立ちはだかる毛利家、信長視点で見ると実に脅威なのがこの二人。毛利両川という呼び名もタッグらしさが出ていてカッコいいですよね。


1227-c.jpg 1228-c.jpg
左:2014/12/27参加
お題「一推し武将」…戦国時代の歴史を詳しく勉強してみようと思わせてくれた、私の好き武将の原点である斎藤道三です。君主を討ち息子に討たれる下剋上の代名詞、謎の出自から這い上がる野心、織田信長との関係、蝮の道三という呼び名も加えてこれでもかと魅せてくれるギラギラな感じがたまりません。文面の「美濃国ノ儀者……」は美濃一国譲状、信長に後事を託した道三の遺書と言われています。うーん、まさにロマン!
右:2014/12/28参加
お題「大坂冬の陣」…2014年は大坂冬の陣から四百年だとか。豊臣の後継である豊臣秀頼のキャラクターも時代や解釈で180度違うのが興味深いです。最近では優秀な若者説が多いようですが、百戦錬磨の徳川家康に対するには色々な意味で経験値・ブレーン不足な悲劇性も戦国の終結を感じさせるドラマなんですよね〜。


0103-c.jpg 0104-c.jpg
左:2015/1/3参加
お題「誕生」…織田信長の元服姿を描かせて頂きました。14歳で元服した信長、うつけと称された悪ガキが後に戦国を凌駕する風雲児となる…。信長のエピソードは本当にロマンやケレンミがあって、彼を中心とした相関関係も実に面白いんですよね。戦国のマスト人物だと思います。
右:2015/1/4参加
お題「豊臣秀吉」…トレードマークでもあるひょうたんと一緒に描かせて頂きました。ひょうたんを自分のアイテムとしてアピールしたのは木下藤吉郎時代の岐阜城攻めで、槍に付けて勝ちどきを上げた事が千成瓢箪の始まりとの事。出世をばく進する秀吉の逸話って、泥臭くて親近感があって人間味あふれてますよね〜。


0110-c.jpg 0111.jpg
左:2015/1/10参加
お題「陣羽織」…戦国時代の陣羽織はゴテゴテなものからスタイリッシュなものまで千差万別ですが、オシャレ度では群を抜いていると思うのは伊達政宗。いくつか所有の中で、「山形文様陣羽織」という黒地に黄ライン・裾が赤い山形デザインのものを描かせて頂きました。シルエットも和洋折衷で戦場で着用しても、とても映えるんじゃないかなーと思います。
右:2015/1/11参加
お題「近畿の雄」…織田軍の中で近畿の司令官であった明智光秀と、彼と出会って友情を育み、その後も戦場を共にする事になった京都の名門・細川藤孝(幽斎)を描かせて頂きました。文学方面でのレジェンドっぷりがハンパない藤孝の京都的な逸話には、悠久のスケール感を感じます(?)


0117-c.jpg 0118-c2.jpg
左:2015/1/17参加
お題「槍」…槍の名手でもあり、秀吉の尖兵でもある賤ヶ岳七本槍の一番手、加藤清正を描かせて頂きました。清正って片鎌槍という特殊槍を使っていたのもそうですが、家紋の「蛇の目紋」といい金&黒の甲冑といい、特攻隊長らしく(?)ブイブイ言わせてる感満載のファッションがいいんですよね〜。
右:2015/1/18参加
お題「東海の雄」…地元の英雄といえば三英傑!という事で、ストレートに織田信長・豊臣秀吉・徳川家康を描かせて頂きました。彼らを取り巻く様々な武将や姫はもちろんの事、彼ら三人同士の関係性も面白いのが戦国の醍醐味でもあるんですよね。


0215_c.jpg
2015/2/15参加
お題「一推し武将」…ベタかもしれませんが、やはりたくさんの面白さが詰まっていると思う織田信長を描かせて頂きました。文面の「人間五十年……」は幸若舞の演目「敦盛」からで、桶狭間の戦いの前に舞ったナンバーだと言われます。まさに、信長の代名詞のような文言なんですよね。こっそり12/27の一推し武将である斎藤道三と対にしてみました。この義父子の関係も奥深くて、これまた戦国ロマンの一つでさらに推したい二人です!



また今後ワンドロが再開した時には、もっとたくさんの人物が描けるようにしていきたいと思いますヾ(*´▽`)ノ
つたないイラストではありましたが、最後までご覧頂きありがとうございました!




posted by スミ at 20:12 | Comment(0) | 戦国イラスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: