【トップページに戻る!】

2014年12月30日

勇気を出して初めての長浜城

お隣の県だからか、見逃しがちだった城を巡りたい!と愛知県に続いて巡ったのは同じくお隣の滋賀県。
歴史的にも名があるお城が点在する滋賀県ですが、その中でも羽柴秀吉が初めて拝領した出世の代名詞「長浜城」に今秋行って参りました。


岐阜県西濃地方は関ヶ原をさらに西に抜けると、それまでの平野の景色がだんだんと山並みに変わり、トンネルや坂を越えて琵琶湖のほとり長浜市街地まで向かいます。

1220-01.png
長浜駅方面まで向かう途中の滋賀県道509号線沿いは、どどんと石田三成のエリア!
彼の生誕地である「石田町」や秀吉との出会いがあったお寺「観音寺」など、まさに石田三成ロードとも言うべきエリアを通過します。ここから一直線に「ロード・トゥ・長浜」といった感じがまたいいですね。
ただ、道がすごく狭い上にトラックもバンバン行き交うので、注意を払いながらの通過。これもまた歴史巡りドライブの醍醐味で…。


長浜城と歴史博物館がある広大な「豊公園」は、琵琶湖に面したアクセスも立地も便利な場所で、レイクスポーツなど様々なレジャーを楽しまれる方も多いようです。
それゆえに公園駐車場がゲキ混み…!!
いっそ長浜駅周辺のコインパーキングに停めて、黒壁スクエアなどとセットで予定すべきだったとリサーチ不足を後悔…。

しかしそこは琵琶湖のお城、秀吉の長浜城。
1230-02.jpg

お城が公園の中にマッチしていてイイ感じ。


美濃攻めにおける墨俣一夜プロジェクトから、浅井攻めにおける小谷ミッションまで破格の活躍を見せた羽柴秀吉。
浅井氏亡き後、天正元年(1573年)頃にその旧領である湖北地方で初めて城持ちとなったのがこの長浜城となります。当時は「今浜」とされていた地名を、縁起がいいからという事で「長浜」に改名、琵琶湖の水運や資材をふんだんに使ってこの長浜城を建築いたしました。

現長浜城は近代に再建されたコンクリートタイプのお城なのですが、実は当時の書類が残っておらず、本当はどんなタイプのお城だったかは分かってはいないそうです。
しかし、ここはものすごく戦略的重要拠点
山や盆地が多い西日本にあって、琵琶湖経由の物流スピードは圧倒的であったそうですし、何よりここから京都を把握し、そして見据えるは大坂の本願寺、さらには中国地方のドンである毛利一族…!
秀吉は、後に中国地方平定(中国攻め)のための総司令官を任される事になります。

-----------------【突発長浜城マンガ】-----------------

1230-01.jpg

※クリックすると原寸サイズで開きます。
(ちょっと大きいです)
--------------------------------------------------------------------


それにしても、いつ訪れても美しいのは琵琶湖の絶景。
1230-03.jpg

日本の夕日百選」という触れ込みでアピールしていましたが、それも納得の夕日の美しさ。
海のない岐阜県育ちでありますが、そんな私が無条件でテンションが上がる程の水面の雄大さがあります。

1230-04.jpg

君が代も わが代も共に 長濱の 真砂のか須の つき屋らぬまで
当時、秀吉の与力であった竹中半兵衛が詠んだ歌。この歌を受けて秀吉が「長浜」に改名したとの逸話があります。(今回は歌の石碑に行けなかったので、次回チャレンジ!)
本当は詠み人知らずという話もありますが、半兵衛作というレジェンド感をぐぐっとアップしたい方向で(…)


長浜城の下、長浜の街も随分と栄えたようで、商人や職人がコミュニティを形成し、またそれに伴ってお祭りなどの街の文化も発展していきました。男の子が生まれたらお祝い金を振る舞う、なんてのも秀吉ならではの心憎い演出の政策。

現実主義で利益最優先を軸としながら、人情味と明るさを併せ持つ当時の秀吉の「ノリノリの人間味」があふれ出ていた長浜時代だったんじゃないかな、と感じさせられました。

1230-05.jpg


実は、この日は「西美濃から長浜まで一直線だからイケル!」という良く分からないテンションから、
垂井の栗原山(竹中半兵衛史跡)〜関ヶ原古戦場の岡山烽火場(竹中重門&黒田長政陣跡)〜長浜城(竹中半兵衛仕官先)
というブっこみ竹中タイムアタックを敢行したものでありました。
朝から夜までびっしり史跡巡りで慌ただしい面もありましたが、一つテーマを決めてたくさん訪問するのも面白いですね!

次回は絶対に黒壁スクエアでゆっくり遊びます(´ー`)


それでは、長浜城のコラムを最後までお読み頂きありがとうございました!




2014年12月29日

勇気を出して初めての犬山城

距離的に近いからなのか、すっかり見逃しがちだったお隣の愛知の城を巡りたい!とプチ城巡りを思いついた今年の夏〜秋。
秋の頃になりますが、水面に浮かぶ白帝城とも称される国宝「犬山城」へと行って参りました。


犬山城界隈はさすが観光地、国道からドライブしてもアクセスは分かりやすく、駅や駐車場から城下までは少し歩きますがそれもまた風情があります。

1219-01.png

スマホでも公式観光ホームページが見やすくていい感じ。
この丁寧な観光案内っぷりにも思わずテンションが上がります。


駐車場から車道を抜け、観光客さんたちも頻繁に行きかう中、緩やかな坂道を登っていよいよお城に到着。

1229-03.jpg

爽やかで気品がある!これが国宝犬山城…!!

天守へ続く石階段や、門をくぐった先の小庭園も丁寧に整えられていて、お客様をお迎えする手慣れた雰囲気に感心させられます。

1229-05.jpg

渋い感じの木造の床や柱に、城内からも間近で見れるむき出しの石垣、「石落とし」や「武者走り」なんていう敵除けのシステムももちろん当時のままを確認できて、現代人からすると手狭な城内や急こう配の階段など、歴史的建造物だからこそ味わえるプレミア感が凝縮されていますね。

1229-06.jpg

この風景を見るために犬山城へやってきた。

岐阜県側から眺めると「川向かいのお隣の愛知県のお城」といった距離感もあった犬山城ですが、犬山城から展望すると今度は逆に岐阜県に距離を感じて見る事が出来るのがスゴイ。
こういう「実際の地理感覚」のリアル体験ができるのが、史跡巡りの醍醐味だと思っています。
リアルの風景を前にすると、私のような小市民でも思わず一人軍略モードに・:*:・(*´∀`*)・:*:・

1229-07.jpg

この木曽川の向こうは美濃の地か…
是非ともここ犬山を攻略の拠点としたいものよのう…
(という妄想)


まあ、妄想はいいとして(ええんかい)この犬山城。
江戸時代に徳川家臣であった成瀬さんが拝領して幕末まで伝える以前の戦国時代では、ザ・犬山城城主といった武将の方は特におりませんでした。
犬山城の性質が「戦略上の重要拠点」であるがゆえか、わりと色々な(大人の)理由で城主が定まらなかったようで、織田方や豊臣方で色々な武将が城を受け持ちます。

さかのぼれば天文6年(1537年)、織田信長の叔父である信康が築城したのが始まりとされますが、信康戦死後は子の信清が受け継ぐも信長に反抗したため攻め入られ、その後には信長の乳兄弟である池田恒興が入城いたしました。

時は、織田軍による美濃攻略戦まっただ中。
美濃の戦国大名、下剋上の雄であり信長の義父でもあった斎藤道三が、子・義龍によるクーデター「長良川の戦い」で命を落とし、織田VS斎藤の情勢はさらに緊迫化していきます。


-----------------【突発犬山城マンガ】-----------------

1229-01.jpg

※クリックすると原寸サイズで開きます。
(ちょっと大きいです)
--------------------------------------------------------------------



木曽川を挟んで北向かいは、すっかり美濃の勢力圏。
この一帯は岐阜県の各務原市といいますが、こちらには美濃の拠点がガッツリ点在し、斎藤氏側の豪族たちが治めておりました。

1229-02.jpg

川を挟んで真向いの城が敵同士というのが、戦国らしいというかラダトームと竜王の城の関係というか(?)


その後も頑張る武将が軍功上げたり、秀吉がお得意の調略で拠点を落としたり、父・信秀の時代から数えて足掛け20年、実に斎藤&織田三代に渡った美濃攻め戦記
まさに地元民の一大歴史イベントなのですが、この犬山城を舞台にしてもその一幕が繰り広げられていたのですね。


1229-04.jpg

そんな歴史のしみじみもありながら、商店街で食べ歩きしたり、犬山祭のからくりに素で感心したり、有楽苑&如庵でお茶とお菓子を頂いてまったりしたり、簡素な視察オンリーになりがちな史跡巡りでありながら、さすがの観光スポットの数々を十分満喫させて頂けたのも、犬山の魅力の一つでした。

1229-08.jpg

1229-09.jpg


しかし基本は花より団子、次は必ず犬山美味しいものスポットをチェックして参戦したいと思います。
( `・ω・´)ノ犬山グルメ巡りじゃ〜


犬山城のコラムを最後までお読み頂き、ありがとうございました!



2014年09月29日

勇気を出して初めての武将フェスinセントレア(2)

こちらの記事から続きまして、去る9月15日に中部国際空港セントレアで行われておりました「第参会全国武将隊 天下一決定戦〜宴〜」のフリー観覧ステージに遊びに行って参りました。
とにかく武将隊に演武にと初めてづくし、右も左も分からない中でも全11ステージたっぷり楽しませて頂けた思い出に、引き続きレビューさせて頂きたいと思います!



安芸ひろしま武将隊さんに続いて二番目、同じく歌中心の演武は「神戸・清盛隊」の皆さん。
キャッチーな楽曲の覚えの良さは抜群、平家の皆さん本当に歌が上手い!
身のこなしも爽やかで、パートごとの快活なポジション移動や時折交わすアイコンタクトは、完全に「平安のアイドル」そのもので感服。歌メインの構成はとても好みなので、お披露目下さった数曲だけでもとても楽しかったです。
公家風モチーフの涼やかで華やかな衣装もダンスで映えますし、計算された風を感じさせない自然体なチーム感(一蓮托生感?)も逆に安定感と貫禄すら感じさせますね。
この華やかな楽しさは、応援するファンの方がたくさんいたのも納得です。(周りの多くの方々がピンクの清盛隊Tシャツを着てみえたので!)
まだまだ他にも演目をお持ちの事、ぜひ他のナンバーも拝見してみたいなと思わせてくれる武将隊さんでした。

0928-01.jpg



個人的に安芸ひろしま武将隊さんに次いで熱かったのは「土佐おもてなし勤王党」の皆さん。
何というか、ライブかミュージカル形式の演武にはホイホイ釣られるわけなのですが(…)土佐おもてなし勤王党さんの溢れんばかりのミュージカルっぷり、立ち居振る舞いやテンポの良さ(人物紹介は特に秀逸!)、明るい彩色で構成された衣装デザインまで本当に気持ちの良い音楽劇の持つポップな歌&ダンス。紹介楽曲もたくさんあって、他のナンバーもぜひ聴いてみたいし見てみたいと思わせてくれるほど。
幕末とミュージカルって、本当に相性がいいですね。
普通に演劇としてホールでお披露目しても成り立つような地力も感じまして、さらにたくさんのナンバーを拝見したいなと思わせる武将隊さんでした。

0928-02.jpg



武将2人と姫様の3人でお目見えしたのは「熊本城おもてなし武将隊」の皆さん。
野性味溢れる二武将の重厚感、そして凛としたあま姫さんの日に焼けた肌も実にワイルド、屋外で精力的に活動をなさっている様子が想像できます。
切れ味鋭いダンスにヘビーさを感じさせる殺陣、展開も実にクールで、骨太のエンターテイメント性にはEXILE的(?)な男らしい魅力が凝縮されていますね。
生で見ると本当に迫力満点、圧倒される熱気と気迫でした。3人でこれだけの持ち味ですし、他のメンバーさんも揃うと有無を言わさず圧巻なのではないでしょうか。
このハイレベルのダンスや殺陣をあの熊本城でご披露されているというだけで、ぐっとくるものがありますね。様々なバリエーションもぜひ拝見してみたいと思わせられる、熱い演武に惹きつけられた武将隊さんでした。

0928-03.jpg



歌メインの演武にはやっぱり惹かれるので、とても楽しめたのは「あいち戦国姫隊」の皆さん。
あでやかなお着物&袴の出で立ち、そして最初からテンション全開な歌&ダンス!女子で袴でダンスアクション、ぐっとくる組み合わせです…。
歌もとても上手くてナンバーも秀逸、軽快なアップテンポもしっとりバラードもお披露目頂けたのは、一ステージがぎゅっと濃縮された感じで良いですね。楽曲のバリエーションが豊富で、演武の中に色々なパターンを入れ込む事ができるというのはすごく強みだと思います。
戦国女性をピックアップしたメンバー構成が持つ美しさと華やかさは、実に会場の華でした。武将隊というカテゴリの中でも、女性チームがいるというのは確実に色が添えられるし深みが増しますね。個人的にはもっと女性メインの隊が増えたらいいなと思うので、姫様たちにはその安定感でぐいぐいと先駆けていってほしい武将隊さんでした。

0928-04.jpg



フルメンバーで鉄壁の布陣の「グレート家康公「葵」武将隊」の皆さん。
家康+四天王+古参武将という配置が持つ熱さと存在感、だけどどこか懐かしさも感じさせるローカル的なカッコよさというものが前面に出ていますね。
この日は「みんなでおどろう」的なスタンスの堪忍をどりで盛り上げて下さいましたが、家康語録を織り込んだオリジナル踊りソングがとにかく楽しい!
抜群の安定感を感じさせる立ち居振る舞いの中に、どこか「おらが村の若武者さま」的な親近感も感じるのは、良い意味での地元感溢れる楽曲センスと、客席まで広げる柔軟なMCにあるのかもしれません。
かっこいいのに親しみやすいという雰囲気が、ホーム岡崎公園ではどんなスタイルでおもてなしなさっているのか、ふらっと行って覗いてみたくなるような武将隊さんでした。

0928-05.jpg



武将3人と陣笠2人でお披露目下さったのは「名古屋おもてなし武将隊」の皆さん。
名古屋圏に住んでいながら早や5年、ようやく直に見る事ができました!
噂には聞いておりましたが、さすがの貫禄と安定感ですね。この日のメンバーだった信長・利家・清正の3人の「らしさ」は抜群で、前座的な陣笠さんの軽快なトーク、そしてドラマチックな導入から寸劇、ダンスとスリリングな展開への繋ぎに安心感すら覚えます。
合間のセリフにも戦国的カッコよさのセンスが感じられ、センターポジションである信長公の存在感を引き立たせるような濃密な構成でした。
ずっと名古屋城に行けずじまいでしたが、これでご縁が繋がったように思います。ぜひホームの名古屋城でおもてなしの風景も拝見したい武将隊さんでした。

0928-06.jpg



豪華なメンバーで午後の後半一番手を飾ったのは「信州上田おもてなし武将隊」の皆さん。
それにしても、目を見張るのは強力なコンセプトの存在感!
真田家や家臣という枠ではなく、あえて幸村&十勇士で構成してあるのはものすごく楽しいですね。江戸時代から続くような講談モノ・大衆演劇のような「和ファンタジー」感もあり、集団演武の活気と熱気はシンプルにワクワクさせてもらえます。賑やかでかっこいいグルーブ感の詰まった歌&ダンスは、よさこいみたいなお祭りテイストも味わえて素直に拍手を送りたくなりました。
このスタイル、老若男女にストレートに愛されるのではないでしょうか。おじいちゃんおばあちゃんから小さいお子さんまで好きになれる、実に素晴らしい分かりやすさと説得力を持つ演武でした。

0928-07.jpg



仙台からいらっしゃった「伊達武将隊」のは政宗公と家臣・忍者2人の5人で演武。
舞台登場時から度肝を抜かれたのが、その圧倒的な男前っぷり
兜+鎧+陣羽織+具足に至るまでフル装備なのですが、トータル的な立ち居振る舞いのカッコよさは群を抜いていました。ムカデ兜初めてカッコいいと思った…鎧に着られてなくて逆に鎧を完璧に着こなすのが伊達スタイル…恐るべしチーム伊達。
スタンダードな殺陣メインの演武はとても重厚感あり、伊達家の相関関係やドラマも端々に垣間見れて、伊達好きや歴史好きにはたまらない構成ですね。
これだけ存在感のある男前っぷりだと、男子も女子も理屈なしに見惚れるんじゃないでしょうか。この存在感で、他にもあるだろう色々な演目もぜひ見たくなる武将隊さんでした。

0928-08.jpg



のぼう様と甲斐姫というアイドル(?)有する「忍城おもてなし甲冑隊」の皆さん。
ちょっと頼りないお殿様、勝気な姫君、頼れる家臣、ほのぼの陣笠…人物相関を非常に大切にした完璧なメンバー構成にまずはびっくりさせられました。MCとしての軽妙な掛け合いが楽しめるだけでなく、戦国という歴史感と日常的なアットホーム感が同居した唯一無二の魅力がありますね。
キャラクター性を生かした人物紹介と地元紹介は出色!面白いカラーで演出された演武は必見で、行田市と忍城の存在を強く認識させてくれたのはPRとしては抜群の存在感でした。行田市の事は深く胸に刻まれたのであった…。
忍城に行けば彼らに会える、という強い付加価値も感じられたのが素晴らしいです。コンセプトとスタイルにとにかく感心した武将隊さんでした。

0928-09.jpg



トリは、黒田親子率いる「福岡黒田武将隊」の皆さん。
これまでの武将隊さんの熱演でガンガンに温まった会場の雰囲気をゴッソリ持っていく位に強力なトーク、本当にズルイ!ハンパない!面白い!
官兵衛さんのボケ倒しに家臣ツッコミスタイルが冴える銀時さん、しっかり空気を持っていくイケメンの長政さん、そしてさらっと来てさらっと去っていく源さん…字面だけでもツッコミどころ満載なのですが、それでいてきっちり口上や演武もこなしていくのだから、演芸的なエンターテイメントのポテンシャルの高さにも驚かされました。
4人という少人数編成ですが、逆にそれを利用したフットワークの軽さを生かした活動をもっと楽しませてほしいと思わせてくれる武将隊さんでした。

0928-10.jpg




こうやってたくさんの武将隊が集まる事はなかなかないでしょうが、とても楽しいステージでした。
またいつか、それぞれのホームにふらっとお邪魔した時にお見かけして、こうやって初めてのおもてなしレポートを書けたらいいなあ、そう思える武将隊さんたちの熱演でした。

これでようやく武将隊に出会う事がかなったので、堂々と拳を振り上げる事ができます!
エイエイオー!百万一心!おいおいさ〜!(?)



それでは、長々とレビューをお読み頂き本当にありがとうございました!